映像コーチング 世界レベルの「スポーツの現場」から生まれた新しいコーチング

映像コーチングのアーカイブです。

ラグビー早明戦における 自陣からのアタックの有効性について 【ターンオーバーから】

このムービーの閲覧には、最新のFlashプレーヤーが必要です。

最新のFlashプレーヤー(無料)をインストールする

ターンオーバからの積極的なアタック
06年ラグビーの早明戦におき、早稲田は明治の得意とするモールを組ませないために、
自陣からの安易なタッチキックを避けボールを動かすことを第一の目標とした。
ここでは早稲田のターンオーバーからのアタックを整理した。
ノータッチキックを多用するゲームプランを用いて明治FWを走らせて、早稲田FWを優位に立たせた。
1つ目のシーンは明治のラインアタックからのゴロパントをキャッチしたフルバックがあえてノータッチキックをけりカウンターを前に出て止めて結果的に明治のペナルティーを誘った。
2つ目は早稲田のラインアタックをインターセプトされた後のラックでターンオーバーした後、あえてオープンにロングキックをした。明治フルバックの頭を越すキックで相手に蹴りださせた。
3つ目では、ラインアウトをターンオーバーしロングキック。明治ウイングはボールをキャッチし蹴り返したが、次のプレーで反則を犯し早稲田ボールとなった。

効果的なゲームプランのフィードバック
このように映像を集めることで、効果的にゲームプランのフィードバックが行える。

«もどる