映像コーチング 世界レベルの「スポーツの現場」から生まれた新しいコーチング

映像コーチングのアーカイブです。

U19ラグビー日本代表選手のお手玉習得過程

このムービーの閲覧には、最新のFlashプレーヤーが必要です。

最新のFlashプレーヤー(無料)をインストールする

映像をチェックし課題を視える化
左側がコーチング前、右側がコーチング後である。
左側映像撮影後、映像をチェック(視える化)し問題点の把握を行った。
問題点は
・上げる高さがばらばら
・落ちてくる場所もばらばら
・投げるタイミングがおかしい→投げた球が頂上に達した時に次の球を投げる
・投げ終わった手のフォロースルーでキャッチ
という点であり、そこを映像でイメージさせた。
短時間での明らかな効果
映像コーチングの結果わずか30分程度のコーチングであったが映像に見るような大きな進歩を見せた。

«もどる